2016年11月07日

広島・鈴木誠也 高卒4年目にして20本塁打!! 大ブレイクの秘密とは? 性格とは?

今シーズン、広島は圧倒的な強さでリーグ優勝を達成しました。
その原動力の1つとなったのは、若き主砲、鈴木誠也選手(22)。


imgres.jpg


鈴木選手がプロ野球で活躍する背景には、
子供の頃から一緒に野球と向き合ってきた、お父さんの存在が大きいようです。







名前にこめられた思い


鈴木選手の「誠也」という名前は、
お父さんが小学生の頃から、「息子が生まれたらつけよう」と思われていた名前です。

お父さんがかつて所属しておられた野球チームの、憧れの先輩の名前から一字もらうと同時に、
「仲間から名前で呼んでもらえるように」という願いが込められている
のです。

そんなお父さんの願い通り、鈴木選手は周りの人達から大変可愛がられて育たれました。


平成の星一徹・飛雄馬親子!?


小学2年生の時、地元の荒川リトルに入団し、野球を始められた鈴木選手。

練習のない平日は、お父さんが経営しておられた喫茶店の裏の路地で、
投球練習やダッシュをしていたそうです。

鈴木選手が生まれ育たれた町・荒川区町屋は、
名作「巨人の星」で星一徹・飛雄馬親子が住んでいた町
です。

そのことから、鈴木選手のお父さんが喫茶店の倉庫を改造し、手製の打撃練習場を作った際には、
2人で練習をする様子が「平成の星親子」として、テレビで紹介されたりもしたのだとか。

プロ野球選手になるという鈴木選手の夢は、
家庭の事情で就学で野球を諦めざるをえなかった、お父さんの夢でもあった
のです。
その夢を叶えるため、親子で必死に練習に取り組まれたのです。


親子の夢が叶い、プロで大活躍!!


2012年10月、鈴木選手は広島カープにドラフト2位で指名されました。
お父さんとの努力が実を結び、夢が叶ったのです。

2年目から一軍の試合に出る機会が増え、今年は4年目にして20本塁打を放ち大ブレイク。
チームに必要不可欠な存在になられました。

明るくて雰囲気のいい広島カープというチームは、鈴木選手にとってとても居心地がいいそうです。
人懐っこい鈴木選手は、先輩をいじったりもしているとのことで、
野球をのびのびとできる環境
のようです。


まだ22歳の鈴木選手は、これからどんどんと成長し、実力を伸ばしていかれることでしょう。
今年は残念ながら、日本一になることはできませんでしたが、近い将来、チームを日本一に導く
立役者になられるような予感がします。


お金をかけずにモデル体型と美肌を手に入れるダイエットはこちら




posted by あいり at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレンドニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。